希望求人に出会える転職エージェント一覧

希望求人に出会える転職エージェント一覧

条件の良い仕事を求めて公務員に転職しようと考えているなら、公務員試験対策と並行して転職エージェントも利用したほうが無難です。
もし公務員になれなかったとしても、今の職場より良い所へ転職できるでしょう。

転職エージェントとの面談

公務員試験勉強と民間転活の両立は難しいと思われるかもしれませんが、転職エージェントの力を借りれば実現可能になります。
求人の紹介はもちろん、企業との面接のセッティング、就業条件の調整といった面倒な手続きをすべてエージェント側が行ってくれるからです。
試験勉強の足を引っ張られることなく、転職活動のリスクヘッジを行えるでしょう。

転職エージェントでは、自分の希望条件に合う求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。
希望がはっきりわからなくても、アドバイザーが気軽に相談を引き受けてくれるので安心です。
自分ひとりでは気づけなかった本当の希望条件や、それに合った求人を教えてもらえます。

しかもその多くが非公開求人であり、採用に至りやすいというのも転職エージェントの特長です。
一般的な転職サイトでも公務員と同様の求人を探せますが、公開されている求人情報なのでどうしても採用倍率が高くなってしまいます。
転職エージェント経由の応募なら、そうした人気求人でもライバルが少ない状態で選考に臨めるでしょう。

また、転職希望先について気になることがあれば何でもアドバイザーに質問できますし、給料などの待遇面の交渉もアドバイザーに代行してもらえます。
これらも転職サイトにはない、転職エージェントならではのメリットです。

一般的に公務員試験では、公務員という職業の性質上、採用担当者に職場の内部事情まで教えてもらうのは難しく、採用前の給与交渉は法律上できません。
そのため採用後にギャップを感じたり、収入に不満を抱く恐れがあります。
こうした点をふまえると、公務員だけでなく民間も視野に入れて転職エージェントを使っておいたほうが、転職してから後悔するリスクを小さくできるでしょう。

転職成功

当サイト『KoumuWIN!』では独自調査により、希望求人に出会える転職エージェントサービスを厳選して一覧化しました。
「希望条件に合う企業で働けるのなら公務員にこだわらない」という社会人の方はご活用ください。
事務系・技術系の職歴がある方はもちろん、実務経験のある有資格者(医療系、福祉系、栄養系、教育系など)の方も無料で利用可能です。

各サービスでは、さまざまな業種・職種の転職事情にくわしいアドバイザーによるサポートが受けられます。
公務員を併願しながらの利用もOKです。
今度こそ良い環境で働けるよう、転職エージェントと一緒に悔いのない転職活動を送りましょう。

サービス名 おすすめポイント
リクルートエージェント
  • 転職成功実績ナンバーワン
  • 情報通信業、医療業、製造業、流通業、サービス業、建設業、不動産業の求人数が多い
  • 営業職、エンジニア(IT系、製造系)、事務系専門職(人事、総務、法務、労務、経営企画)の求人数が多い
DODA
[40代でも利用可能]
  • 転職者満足度ナンバーワン
  • 製造業、金融業、医療業、卸売業の求人数が多い
  • エンジニア(製造系、IT系)、営業職、マーケティング職の求人数が多い
マイナビエージェント
  • 首都圏・関西圏在住者向けの非公開求人が豊富
  • 情報通信業、医療業、製造業の求人数が多い
  • エンジニア(IT系、製造系)、営業職の求人数が多い
MS-Japan
  • 管理部門に特化した転職エージェントサービス
  • 製造業、情報通信業、サービス業、卸売業、不動産業の求人数が多い
  • 事務系専門職(経理、財務、人事、総務、法務、経営企画)の求人数が多い
スポナビキャリア
  • 体育会出身者限定の転職エージェントサービス
  • スポーツ業、製造業、人材業の求人数が多い
  • 営業職、総合職の求人数が多い

どのサイトを利用すべきか判断できない場合は、気になったものすべてに登録(申し込み)をしてみてください。
紹介求人の良し悪しやアドバイザーとの相性などについては、どんなエージェントを使うかによって個人差があります。
複数の候補を実際に利用し比較してみることで「転職のベストパートナー」がわかってくるはずです。

カテゴリー

このページの先頭へ